ひ と つ の キ ャ ラ バ ン が 終 わ り 、 ま た 次 が 始 ま る 。

原作・吉本ばなな×主演・小松菜奈 名作ラブストーリーが今こそ感涙の映画化!

INTRODUCTION

この世界的ベストセラー小説の映画化を待っていた──。 世界30か国以上で翻訳されている「ムーンライト・シャドウ」(新潮社刊「キッチン」収録作品)。吉本ばななの原点とも言える名作ラブストーリーが33年の時を経て遂に映画化。

主人公・さつきを演じるのは、小松菜奈。作品ごとに圧倒的な演技力を発揮し開花し続ける彼女にとって、初の長編映画単独主演となる。さつきの恋人・等役には、役者として目覚ましい活躍をみせる宮沢氷魚。さらに、等の弟・柊を佐藤緋美、柊の恋人・ゆみこを中原ナナ、次世代を担う若手俳優が脇を固め、臼田あさ美がさつきの前に現れる不思議な女性・麗に挑んでいる。

そして監督は、以前から原作のファンだったというマレーシア出身のエドモンド・ヨウ。これからのアジアを牽引するフレッシュかつ実力あるキャスト・スタッフが集結したこの『ムーンライト・シャドウ』は、ある日突然に愛する人を亡くした主人公が、死者ともう一度会えるかもしれない、という不思議な〈月影現象〉を知り、哀しみをどう乗り越えるのか、どうやって未来へ進んでいくのかを描いていく。

すべての人の心に沁みる、心を揺さぶる、「さよなら」と「はじまり」のラブストーリー。

STORY

さつき(小松菜奈)と等(宮沢氷魚)は、鈴の音に導かれるように、長い橋の下に広がる河原で出会った。恋に落ち、付き合うまでに時間はかからなかった。等には3つ下の弟・柊(佐藤緋美)がいて、柊にはゆみこという恋人(中原ナナ)がいた。初めて4人で会ったときから意気投合し、自然と一緒に過ごす時間が増えていく。食事をしたり、ゲームをしたり、ゆみこが気になっているという〈月影現象〉について「もしも現実に月影現象が起きたら、誰に一番会いたいか?」を語りあったり。何気ないけれど穏やかで幸せな日々が過ぎていくなかで、別れは前触れもなくやってきた。

等とゆみこが死んだ──。

深い哀しみに打ちひしがれるさつきと柊。愛する人を亡くした現実を受け止めきれず、ショックで食べることも忘れ、ひたすら走るさつき。そんなさつきを心配しながら、ゆみこの制服を着て何かを感じようとする柊。それぞれの方法で哀しみと向きあおうとしていた。

ある日、2人は不思議な女性・麗(臼田あさ美)と出会い、少しずつ“生きていく”という日常を取りもどしていく。そして、以前みんなで語り合った〈月影現象〉に導かれていく。もう一度、会いたい、会いに来てほしい──。その現象とは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれない、という不思議な現象だった……。

CAST

  • 小松菜奈 さつき

    1996年2月16日生まれ、東京都出身。
    長編映画初出演を果たした映画『渇き。』(14/中島哲也)で、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞し、期待の逸材として注目を浴びる。以降『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也)、『溺れるナイフ』(16/山戸結希)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16/三木孝浩)など話題作へ出演。2016年には『沈黙-サイレンス-』(マーティン・スコセッシ監督)でハリウッドデビュー。
    さらには『恋は雨上がりのように』(18/永井聡)、『さよならくちびる』(19/塩田明彦)などで幅広い役柄に挑戦し、『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』(19/平山秀幸)で第43回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、『糸』(20/瀬々敬久)で第44回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。本作が初の長編映画単独主演となる。公開待機作に『恋する寄生虫』(21/柿本ケンサク)がある。

    COMMENT

  • 宮沢氷魚

    1994年4月24日生まれ、カリフォルニア州出身。
    「MEN’S NON-NO」専属モデルとして活躍する傍ら、ドラマ「コウノドリ」(17/TBS系)で俳優デビュー。その後『映画 賭ケグルイ』(19/英勉)やドラマ「偽装不倫」などに出演し注目を集める。初主演映画『his』(20/今泉力哉)では、2020年にTAMA映画賞最優秀新進男優賞、報知映画賞新人賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、2021年に日本映画批評家大賞新人男優賞(南俊子賞)と数々の賞を受賞。日本の次世代を担う俳優の一人。2022年前期NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」への出演を控える。

    COMMENT

  • 佐藤緋美

    1999年12月19日生まれ、東京都出身。
    2018年寺山修司原作の舞台「書を捨てよ町へ出よう」(18)で主演デビュー。その後も『WE ARE LITTLE ZOMBIES』(19/長久充)『TRANSPHERE』主演(19 /関根光才)『#ハンド全力』(20/松居大悟)などの映画に出演。現在webCM Netflix × BEAMSにも出演中。俳優活動にとどまらず、HIMIとして音楽活動もしており、「Asilis」というレーベルを立ち上げ、4/30には2nd EP「Hold on your life」を配信。才能あふれる独自の存在感を発揮している注目の若手俳優・アーティスト。

  • 中原ナナ ゆみこ

    2001年7月25日生まれ、東京都出身。
    「カネボウ」や「コカ・コーラ」、「Adidas」などの海外広告のイメージモデルとして活躍。本作でゆみこ役のオーディションを見事に勝ち抜き、鮮烈な女優デビューを果たす。

  • 吉倉あおい

    1994年11月26日生まれ、神奈川県出身。
    2008年モデルとしてデビューし、同時期に女優としての活動も開始する。『ゆるせない、逢いたい』(13/金井純一)で映画初主演を務め注目を浴びる。「mina」レギュラーモデルやCM出演などで人気を集め、数々のドラマや映画、舞台で活躍の場を広げている。

  • 中野誠也

    1938年9月16日生まれ、千葉県出身。
    1961年に俳優座養成所に入団し、舞台俳優として活躍。
    映画では『向日葵』(12/木内一裕)、『369のメトシエラ』(13/小林克人、小林健二)などに出演。

  • 臼田あさ美

    1984年10月17日生まれ、女優。
    映画では『色即ぜねれいしょん』(09/田口トモロヲ)『南瓜とマヨネーズ』(17/冨永昌敬)『美人が婚活してみたら』(19/大九朋子)『蜜蜂と遠雷』(19/石川慶)『架空OL日記』(20/住田崇)『私をくいとめて』(20/大九朋子)などの話題作に出演。『愚行録』(17/石川慶)では、第39回ヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞。

STAFF

  • 吉本ばなな『キッチン』(新潮文庫刊)

    原作 吉本ばなな

    1964年7月24日生まれ、東京都出身。日本大学藝術学部文芸学科卒業。
    1987年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。翌年1988年に「キッチン」に収録される短編小説「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞を受賞。1989年には「キッチン」「うたかた/サンクチュアリ」で芸術選奨文部大臣新人賞、「TUGUMI」で山本周五郎賞を受賞。「TUGUMI」と「キッチン」は、1989年の年間ベストセラーの1位・2位を独占し、平成最初のベストセラー作家として国内外から高い評価を得る。その後も次々と作品を発表し、1995年には「アムリタ」で紫式部文学賞、2000年「不倫と南米」でドゥマゴ文学賞(安野光雅・選)を受賞。著作は30か国以上で翻訳出版されており、イタリアでスカンノ賞、フェンディッシメ文学賞〈Under35〉、マスケラダルジェント賞、カプリ賞を受賞。美しく詩的な⽂章とその独特な世界、普遍的な作品性が多くの人の心に届き共感を呼び、⽇本のみならず世界中から愛される作家。

    COMMENT

  • 監督 エドモンド・ヨウ

    1984年3月6日生まれ、マレーシア出身。
    大学時代に1年間オーストラリアに留学、その後、早稲田大学大学院で映画制作を学ぶ。2009年、在学中に監督した短編映画『Kingyo(邦題:金魚)』がヴェネチア国際映画祭のコンペ部門に正式招待される。同年に短編映画『Love Suicidesー手紙』がパリ・シネマ映画祭に出品され、チャイナ・モバイル映画祭で最優秀監督賞を受賞。翌年『Inhalation(邦題:避けられない事)』が釡山国際映画祭・短編部門グランプリに輝く。2014年に長編映画デビュー作品『破裂するドリアンの河の記憶』が、第27回東京国際映画祭コンペティション部門で初のマレーシア映画として上映される。2017 年の第30回東京国際映画祭では、二作目となる長編映画『アケラットーロヒンギャの祈り』で東南アジア出身監督で初となる最優秀監督賞を受賞。2020年に監督・脚本を務めた日本とマレーシアの共同製作映画『Malu 夢路』は第33回東京国際映画祭TOKYOプレミア2020に招待される。映画プロデューサーとしても活躍する。

    COMMENT

  • 脚本 高橋知由

    1985年生まれ。脚本家・劇作家。
    2010年に日本大学大学院芸術学研究科修士課程を修了。2014年に『不気味なものの肌に触れる』で脚本家デビュー。同年に『最後の命』がチェルシー映画祭コンペティション部門で最優秀脚本賞を受賞。日本映画初となるコンペ部門出品での受賞という快挙を成し遂げる。翌年2015年に脚本ユニット「はたのこうぼう」(濱口竜介・野原位・高橋知由)の作品『ハッピーアワー』が、第68回ロカルノ国際映画祭で脚本スペシャルメンション(審査員特別表彰)を授与される。その他主な脚本作品に『螺旋銀河』(14)、『王国(あるいはその家について)』(18)『あなたにふさわしい』(20)など。

製作:狩野隆也 細野義朗 大山義人 村上正樹 プロデューサー:服部保彦 大木宏斗 企画プロデューサー:加藤伸崇 アソシエイトプロデューサー:加藤優 音楽:Ton That An 撮影:コン・パフラック 照明:大庭郭基 録音:川本七平 美術:布部雅人 キャスティング:神林理央子 スタイリスト:阪上秀平 ヘアメイク:寺沢ルミ 編集:賢毅 サウンドミキサー:Chalermrat Kaweewattana 助監督:滝野弘仁 制作担当:三村薫 ラインプロデューサー:鈴木徳至 コラボレーションソング:「Parallax」小袋成彬(ソニー・ミュージックレーベルズ) 宣伝プロデューサー:大塩秀太 助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会 宣伝:S・D・P 配給:エレファントハウス 制作プロダクション:MAM FILM 制作協力:コギトワークス ©2021 映画「ムーンライト・シャドウ」製作委員会 (メ~テレ S・D・P CHIPANGU エレファントハウス)

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

PAGE TOP
  • 本予告
  • 特報